インプラント治療とは?

なくなった歯のところにチタン製の人工歯根を埋め込みその上から人工の歯をつけることをインプラント治療といいます。天然の歯に近い見た目と機能性があり、歯がなくなっても前みたいに食べ物を噛んだり歯を取り戻したいという方にオススメの治療です。

インプラント治療の流れ

使うインプラントを決め手術開始

はじめにインプラントを埋め込むところの状態を確認します。つける人工の歯の形を決めそこにあったインプラントの長さや太さを決めます。そのあとに局所麻酔をして手術を開始します。インプラント治療は麻酔を使用するためほとんど痛みはないです。麻酔が終わったらインプラントを埋め込む場所の歯茎を開きます。

骨に穴をあけて埋め込む

埋め込む場所を決めたら、深さと方向を確かめながらドリルを使って決められた深さ、太さまで骨に穴をあけて広げていきます。その後消毒されたインプラントを先ほどあけた穴に埋め込んでいきます。埋め込んだインプラントにカバースクリューをつけます。終わったら歯茎を閉じて縫合して骨と完全にくっつくまで3~4か月ほど待ちます。(インプラントの種類や場所によって期間は変わってきます。)

土台を取り付けて歯を装着する

骨とインプラントがくっついたらインプラントにつけていたカバースクリューを外して一時的な土台を取り付けて歯茎の形を整えていきます。その1~2週間後に実際に使用する土台と仮の土台を交換して仮歯をつけます。噛み合わせやつける角度を調整した後に実際に使用する人工の歯をつけて終了です。

最新のインプラント治療について

新宿や南浦和でインプラント治療に興味がある方に知ってもらいたい最新のインプラント療法があります。最近の専門の歯医者では、技術の発展により一日で終わるインプラント療法や歯茎を切ることなくできるインプラント療法など様々な方法ができるようになってきています。

インプラントと差し歯を比べてみました

インプラント

インプラントは、歯がないところにチタン製のネジを歯の根として埋め込んでそこに人工の歯をつけることです。他の歯に負担をかけることなく治療ができ天然の歯に近い使い心地や見た目があります。

差し歯

差し歯は歯の先端部分が虫歯などでなくなってしまっても、残った歯の根に金属やプラスチックでできた土台を入れてその上から被せ物をすることです。インプラントは歯の根も人工ですが差し歯は自分の歯の根を使います。そのため自分の歯の根を残すことができます。ですが、歯の根が使える状態でなければ差し歯にすることができません。

インプラント治療について知って歯医者で施術を受けましょう

口元

インプラント治療の必要性

インプラント治療はなくなった歯の代わりを補うことのできる人工の歯をつくる治療です。失った歯の部分をそのまま放置しておくと歯と歯に隙間があり、噛む力が弱くなってしまいます。そのために、歯垢が溜まって虫歯になりやすい口内環境が作られてしまいます。そのようなことを防ぐためにもインプラント治療はとても重要視されています。

たった一つの歯が大きな問題を起こす

先ほどのようになくなった歯の部分を放置しておくと虫歯だけでなく、対になっている歯が噛み合う歯がないために伸びてきてしまったり、なくなった歯の部分の隣の歯が移動してきたりして歯列が乱れて噛み合わせがずれてしまいます。小さな一つの歯でもなくなってしまうととても問題なのです。

健康は歯からつくる

噛み合わせが悪くなってしまうと健康問題にもつながります。悪い噛み合わせのせいで身体がゆがみ肩こりや頭痛などの症状を引き起こしてしまうのです。健康な生活をおくるためにも歯はとても重要です。

健康な生活をおくるために

インプラント治療は、なくなった歯を取り戻すだけでなく健康のための治療といえます。これからも安心で幸せな生活をおくっていく為にも歯を大切にしていくことが健康への第一歩となります。